このブラウザはサポートされていません。

ヒダノ修一

ヒダノ修一

鼓童で太鼓の研修を受け、パーカッションを岡田知之、長唄囃子を藤舎せい子に師事。90年のソロ活動開始以降、国内および世界15ヵ国で1,200回を超える公演を行ない、斬新なスタイルと、超絶テクニックを駆使したエネルギッシュなパフォーマンスが高く評価された。サッカー"FIFAワールドカップ2002"の決勝戦オープニング・セレモニーで大太鼓ソロ演奏を行なうなど、21世紀の和太鼓界をリードする"太鼓ドラマー"として注目されている。

関連アーティスト