このブラウザはサポートされていません。

屋敷豪太

屋敷豪太

屋敷豪太GOTA YASHIKI 1962年京都生まれ。1982年に上京し、こだま和文らとMUTE BEATを結成。1987年にはMELONのメンバーとして、ヨーロッパ公演を行う。また、中西俊夫、藤原ヒロシらとダンスミュージックレーベルMajor Forceを設立。 1988年に渡英後、1989年Soul ll Soulの1st.アルバムに参加することからグランド・ビートを生み出し世界的な注目を集め、その後もロンドンを拠点にさまざまなレコーディングに参加。 1991年にはSimply Redの正式メンバーとしてアルバム「Stars」のレコーディングと 2年間にわたるワールドツアーに参加。ジャンルを越え多くのアーティストをプロデュース、また楽曲をリミックスする一方、ソロアーティストとしてまたB.E.D.(Jimmy Gomezとのユニット)としてアルバムを発表。 2004年から活動の拠点を日本に移し、新人アーティストのプロデュースやアルバムプロデュース、リミックス、またドラマーとしての活動などを精力的に行うかたわら、ソロプロジェクトとして iTunes Music Storeより『Vol.1』『Vol.2』をリリース。翌年1月にはCD化(『Silent Love』)された。サウンドトラック制作という分野では、堤幸彦監督のドラマ「下北サンデーズ」、「巷説百物語~狐者異~」、「巷説百物語~飛縁魔~」等を手がける。 またサッカー関連の楽曲依頼も多く、Fantasistaレーベル/ DATA STADIUMよりリリースされているDVDへの、テーマ曲を含む楽曲提供を中心にサポーターズソング制作や、国際試合の選手入場の際に使用されていた「World Soccer Anthem」のアレンジ等を行う。 またテレビへの出演も自らがホストを勤める『meets music』が放送開始。ゲストミュージシャンとのセッションでオリジナリティあふれる選曲・アレンジを披露しながら番組の進行役もつとめていた。同時に『新堂本兄弟』 では堂本ブラザーズバンドのドラムを担当。NHK総合テレビにて放送中の『プロフェッショナル 仕事の流儀』のテーマ曲「Progress」を演奏している kokua のメンバーでもある。また小原礼氏とのユニット「The Renaissance」やダブバンド「DUBFORCE」での活動も行っている。

関連アーティスト