このブラウザはサポートされていません。

Bach-Collegium Stuttgart

Bach-Collegium Stuttgart

1965年に設立された、独・シュトゥットガルトを拠点とするオーケストラ。合唱指揮者のヘルムート・リリングが54年に創設した合唱団、ゲヒンガー・カントライ(ゲッヒンゲン聖歌隊)との協演を主目的として設立されたことから、近隣の楽団メンバーやフリー奏者も随時参加しており、固定メンバーによる常設団体とは性格を異にする。バロック~古典派の宗教音楽が主なレパートリーで、一人の指揮者(リリング)によるバッハのカンタータ全集を世界で初めて録音した団体として知られている。

関連アーティスト