このブラウザはサポートされていません。

スモール・フェイセス

スモール・フェイセス

1965年にスティーヴ・マリオット(vo、g)を中心に活動を開始した英国バンド。デビュー曲「ワッチャ・ゴナ・ドゥ・アバウト・イット」のヒットで快調なスタートを切る。当時の空気を反映してR&Bテイストを巧みに取り入れ、マリオットのヴォーカルを活かした曲作りでシーンの中軸で活躍するが、69年、マリオットがハンブル・パイ結成のため脱退。ロッド・スチュワートとロン・ウッドが加入してフェイセズとして生まれ変わった。

関連アーティスト