このブラウザはサポートされていません。

マリア・グレギーナ

マリア・グレギーナ

1964年、ロシアのオデッサ生まれのソプラノ歌手。1984年からミンクス国立歌劇場に所属し、1987年、スカラ座に「仮面舞踏会」でデビュー。1991年にはメトロポリタン歌劇場に「アンドレア・シェニエ」のマッダレーナでデビューを果たした。強靭な声と優れた演技力で、当代最高のドラマティック・ソプラノ歌手として、その名声はゆるぎないものになっている。2000年のミラノ・スカラ座日本公演では、「運命の力」のレオノーラ役で絶賛された。

関連アーティスト