このブラウザはサポートされていません。

下山静香

下山静香

下山静香 Profile

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学卒業。同室内楽研究科修了。
99年、文化庁派遣芸術家在外研修員としてマドリードへ。故R.M.クチャルスキ、M.サバレタのもとで研鑽。ロドリーゴ生誕100年には、マドリード、ベルギーなどでの記念コンサートに出演。その後バルセロナのマーシャル音楽院にて、C.ガリガ、故C・ブラーボ、故A.デ・ラローチャに師事。マドリード、アランフェス、バルセロナほかに招かれリサイタルを行う。

ソロのほか、室内楽・二重奏も重要な活動軸とし、あらゆる楽器と瞬時に質の高いアンサンブルを実現することに定評がある。これまでにウィーン・ヴィルトゥオーゾ(ウィーンフィル・メンバー)、チェコフィルハーモニー六重奏団、S.フッソング(acco).M.ホッセン(vl)、R.シメオ(trp)など数々の海外アーティストと共演。06年、スペインとラテンアメリカの室内楽を紹介する主宰コンサートシリーズを開始、これまでにない斬新な切り口が話題となっている。

録音活動歴も長く、NHKスペシャルやドラマ、美術展などにおいてピアノ演奏を数多く担当。NHK-BSプレミアム「クラシック倶楽部」、NHK-BS「ぴあのピア」、NHK・Eテレ「ららら♪クラシック」、TBS-BS「本と出会う」、NHK・FM「土曜リサイタル」「名曲リサイタル」、フランス国営放送ラジオなどに出演している。

現在、ユニークかつ幅広いレパートリーで各地で精力的な演奏活動を展開するかたわら、翻訳・執筆・朗読とそのフィールドは進化し続けている。また、桐朋学園大学音楽学部および東京大学教養学部にて、スペイン、ラテンアメリカ音楽の講義を担当。2012年より、NPO法人JML音楽研究所にて「スペイン音楽演奏講座」を開講。2015年より「下山静香と行くスペイン 音楽と美術の旅」を実施(主催:郵船トラベル)。これまで、京都外国語大学、東京大学、東京藝術大学、慶應義塾大学、上智大学に招かれ、特別講義やレクチャーコンサートを行っている。

★CD:《アランフェス》(Virgo/Art Union)《ファンダンゴ》(N&F/Art Union)《PERLA ~マイ・フェイヴァリッツ・モーツァルト~》(molto fine)《アルベニス名曲集》(molto fine)《モンポウ 前奏曲 & プーランク 夜想曲》(fontec)《ショパニアーナ》(fontec)
Official Site/Ameba blog/Facebook

関連アーティスト