このブラウザはサポートされていません。

Boney James

Boney James

30歳を過ぎてから92年にアルバム『トラスト』でデビュー。まったくの無名であったが、ラジオ局でヘヴィ・ローテーションとなりケニー・Gと肩を並べるフュージョン・サックス界のトップ・スターとなった。学生時代からキーボードを演奏していたが、グローヴァー・ワシントンJr.に影響を受けサックスに転向。メロディアスなフレージングが人気を得て、ランディ・クロフォードやボビー・コールドウェルなどAOR系のレコーディングでも常連となっている。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト