このブラウザはサポートされていません。

Till Bronner

Till Bronner

1971年、ドイツ生まれの男性トランペッター/ヴォーカリスト。9歳からトランペットを始め、連邦ジャズ・オーケストラに最年少となる15歳で参加し、ケルン音楽院でも学ぶ。93年にはレイ・ブラウン参加の初リーダー作『ジェネレーション・オブ・ジャズ』をインディから発表。その後ヴァーヴに在籍し、クラブ・ジャズの要素を取り入れたクールな作風で人気を博す。99年まではベルリン・ドイツ交響楽団の首席トランペッターも務めた。ファンクやDJの要素を取り入れた『ブルー・アイド・ソウル』やヒップホップに接近した『ティル・ブレナー』など意欲的な作品や客演も多い。

関連アーティスト