このブラウザはサポートされていません。

Mariss Jansons

Mariss Jansons

1943年1月14日生まれ、ラトビア・リガ出身の指揮者。本名はマリス・イヴァルス・ゲオルグス・ヤンソンス。指揮者のアルヴィド・ヤンソンスは父。レニングラード音楽院に学んだ後、ウィーンに留学。ザルツブルクではカラヤンに師事。71年にレニングラード・フィルを指揮してプロデビュー。以降、オスロ・フィル、バイエルン放響、ロイヤル・コンセルトヘボウの首席指揮者に就任。特にショスタコーヴィチの交響曲で高評価を獲得。ウィーン・フィルのニューイヤー・コンサートの指揮を3回務めたほか、来日も多い。晩年は心臓の病気を患い、活動を制限していたが、2019年11月30日に露・サンクトペテルブルクの自宅で死去。76歳没。

関連アーティスト