このブラウザはサポートされていません。

サイモン・スタンデイジ

サイモン・スタンデイジ

1941年、イギリス生まれのバロック・ヴァイオリン奏者。キングスカレッジ出身。オランダ室内管弦楽団でシモン・ゴルトベルクの指導を受け、その後イヴァン・ガラミアンに師事。イングリッシュ・コンソート創立メンバーで、17~18世紀音楽の専門家として知られ、ヴィヴァルディの「四季」でグラミー賞を受賞している。ソリストとしても、ヴィヴァルディのラ・チェトラ協奏曲やモーツァルトのヴァイオリン協奏曲全曲を録音するなど活躍している。81年、ザロモン弦楽四重奏団を設立。また、王立音楽アカデミーのバロック・ヴァイオリン部門の教授であり、独ドレスデン音楽大学でも後進の指導に当たっている。90年、コレギウム・ムジクム'90を結成し、延原武春により創設された室内楽団体コレギウム・ムジクム・テレマンと提携した演奏会も催している。91年には、クリストファー・ホグウッドと共にエンシェント室内管弦楽団の音楽監督に就任、ますます活躍の場を広げている。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト