このブラウザはサポートされていません。

akiko

akiko

4歳よりピアノを習い、絶対音感を身につける。16歳より、ロンドン・ナイトに通い始める。時代を遡るように音楽を聴き始め、18歳のときにビリー・ホリディ、サラ・ヴォーン、エラ・フィッツジェラルド等のジャズ・ヴォーカルに出会い、ジャズに開眼。大学在学中より、都内のライヴ・ハウスやジャズ・クラブでヴォーカリストとして活動をスタート。2001年、ユニバーサルジャズと契約。名門レーベル"ヴァーヴ"初の日本人女性ヴォーカリストとしてアルバム『ガール・トーク』でデビュー。2007年12月までに通算11枚のアルバムを発表している。

関連アーティスト