このブラウザはサポートされていません。

ボーイ

ボーイ

スイス出身のヴァレスカと、ドイツ生まれで幼い頃からクラシックを学んだのちにベーシストして活動していたソーニャの二人が2007年にハンブルグのワークショップで出会い、BOYを結成。2011年、1stシングル「リトル・ナンバーズ」がYOUTUBEに公開されると同時にネット上で話題となり、2ヶ月で200万再生を突破。9月に発売されたデビュー・アルバム『ミューチュアル・フレンズ』がドイツ総合チャート8位、iTunes総合チャート3位、アマゾンチャート1位を記録、15万枚ゴールド・ディスクという大ヒットを記録。映画やテレビ番組のテーマ曲、ルフトハンザ航空のCMソングなどに起用されるなど、「ボーイ現象」と言われるほどのブレイクを果たす。

2012年、ヨーロッパ各国からのリリースが相次ぎ、夏には各地で計15以上のフェスに出演するなど、ヨーロッパ全体に人気が拡大し、同年、アデルやマムフォード&サンズ、アレクサンドラ・スタンも受賞したヨーロッパ圏の新人アーティストに与えられる“European Border Breakers Award”を受賞。

2013年2月アメリカ発売、ビルボード誌ヒート・シーカー・チャート5位。iTunesシングル・オブ・ザ・ウィークに選出。3月、サウス・バイ・サウス・ウェストを含む全14都市のアメリカ・ツアーでもニューヨーク・タイムズ紙などメディアからの絶賛と注目を集めている。

そのフレッシュでオーガニックな肌触りのサウンドと飾りの無い等身大の歌詞は、「ファイストの活き活きしたメロディーと、フェニックスの持つアート・センス、ボン・イヴェールの深いエモーションを併せ持つ」と評されるなど、純度の高いポップス作品として幅広く人気を獲得している。

関連アーティスト