このブラウザはサポートされていません。

諏訪根自子

諏訪根自子

美貌なれヴァイオリン。
日本人初の国際的ヴァイオリニスト、諏訪根自子。

大正9年(1920年)1月23日に生まれる。
4才頃ヴァイオリンを始め、小野アンナに、続いてアレクサンドル・モギレフスキーに師事。
1930年秋、来日したエフレム・ジンバリストに面接、メンデルスゾーンの協奏曲を演奏して驚嘆させる。
多くの雑誌、新聞に天才少女ヴァイオリニストとして取り上げられる。
1932年、初のリサイタルを開き、神童と呼ばれる。
1936年、ベルギー駐日大使の推薦と外務省の後援によりベルギーに留学。
1938年、パリに移り、ピアニスト原智恵子の紹介でボリス・カメンスキーに師事。
1939年、サル(ホール)・ショパンでパリ・デビュー演奏会開催。
1943年、2月ナチスの宣伝相ゲッベルスからストラディヴァリウスを贈呈される。
10月クナッパーツブッシュ指揮ベルリン・フィルと協演。
1945年、ベルリン陥落の後、アメリカを経由して帰国。
戦後は、井口基成や安川加寿子らとコンサートを開くが、演奏の第一線から退き伝説上の人物に。
1978年~80年にバッハ:無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータを録音。キング・レコードより発売された。
1984年、1月茅ヶ崎市民会館、5月東京文化会館、10月町田市民ホールで演奏会。町田が最後の演奏会となる。
2012年、3月92才で永眠。
2013年、2月 初の本格的評伝『諏訪根自子 美貌のヴァイオリニスト その劇的生涯』萩谷由喜子著(アルファベータ)刊行。

関連アーティスト