このブラウザはサポートされていません。

Television

Television

1974年、リチャード・ヘルやパティ・スミスと交流のあったトム・ヴァーレイン(vo、g)によって結成されたニューヨーク・パンクの代表的存在。77年に『マーキー・ムーン』でデビュー。ヴァーレインとリチャード・ロイドの2本のギターが甘いメロディと痙攣するようなフレーズを紡ぎ併せていく独特なサウンドが、後のUSインディ系ギター・バンドに与えた影響は絶大だ。アルバム2枚で解散したが、90年代以降、短期間の再結成が二度実現している。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト