このブラウザはサポートされていません。

KUTS DA COYOTE

KUTS DA COYOTE

a.k.a. BUGATTI COYOTE。東京ストリート・シーンをにぎわすユニットEMERALD(エメラルド)の首謀者的存在。
そのEMERALDのメンバーでもあるJOYSTICKKのアルバムやFILLMOREプロデュースの『Westaholic Records vol.1』等への参加、またストリート限定で発表されたエイサップ・ロッキー“Purple Swag (Remix)”へDJ TY-KOH、PUNPEE、Cherry Brown、ERA、VITO (SQUASH SQUAD)とともに参加するなど、多角的な活動で各方面から注目を集める。
2013年7月にはそのFILLMORE率いるWestaholic Recordsより待望のデビュー・アルバム『Escape To Paradise』をリリースし、リード曲である“ラブホなう” feat. T.O.P.が数々のリミックス、アンサーソングが発表されるムーブメントへと発展。楽曲とともにKUTSの名がシーン内外へ広まることとなった。
その後もマイペースに活動し、EMERALDの盟友であるJOYSTICKKやKOWICHI、Y’S、DABO、Niyke Rovin、MARIN、DJ KEN WATANABEら、多くのアーティストの作品へ参加。
そして2015年12月、新たに新進ヒップホップ・レーベル、FOREFRONT RECORDSへ加入し、待望のセカンド・アルバム『Glow In The Dark』をリリース。

関連アーティスト