このブラウザはサポートされていません。

河村 尚子

河村 尚子

現在世界的に最も注目すべきピアニスト。
1986年渡独。ハノーファー国立音楽芸術大学在学中にヴィオッティ、カサグランデ、ゲザ・アンダなど数々のコンクールで優勝・入賞を重ねる。2006年のミュンヘン国際コンクール第2位、2007年のクララ・ハスキル国際コンクール優勝。
現在はドイツを拠点に、ヨーロッパ、ロシア、日本など世界的に積極的にリサイタルを行うかたわら、ウィーン響、チューリヒ・トーンハレ管、バイエルン放送響、モスクワ放送響、モスクワ・ヴィルトゥオーゾ、スロヴェニア・フィル、ロシア国立響、ミュンヘン室内管などのソリストに迎えられている。また、ドイツのルール・ピアノ祭、メックレンブルク・フォアポメルン、フランスのオーヴェール・シュル・オアーズ、デュシニキ、日本国内ではラ・フォル・ジュルネ、東京の春などの音楽祭に参加。
日本では、2004年11月、小林研一郎指揮東京フィルの定期演奏会で、ショパンのピアノ協奏曲第2番でデビュー。以来日本国内の主要オーケストラと相次いで共演を重ねる一方、フェドセーエフ指揮モスクワ放送響、ルイージ指揮ウィーン響の日本公演のソリストにも選ばれている。紀尾井ホール、東京オペラシティコンサートホールなどでソロ・リサイタルを定期的に行い、室内楽にも積極的に取り組んでいる。
2009年には、新日鐵フレッシュアーティスト賞、出光音楽賞、日本ショパン協会賞、井植文化賞を受賞。
2011年6月には、サンクトペテルブルクで、ドミトリエフ指揮する名門サンクトペテルブルク・フィルと共演してリストのピアノ協奏曲第2番を演奏。同月、ドイツ・ワイマール近郊のエッタースベルク城で開催される音楽祭のアーティスト・イン・レジデンスをつとめ4夜にわたるソロ・リサイタルを開催。2011年10月には、ヤノフスキ指揮ベルリン放送響の日本公演のソリストとしてベートーヴェンの「皇帝」を演奏するかたわら、日本各地でのソロ・リサイタルが予定されている。
2009年3月、RCA Red Sealレーベルへのデビュー盤となるオール・ショパン・アルバムをリリース。2011年9月には、ショパンのピアノ・ソナタ第3番とシューマンのフモレスケほかを収録したセカンド・アルバムがリリースされている。

関連アーティスト