このブラウザはサポートされていません。

パコ・デ・ルシア

パコ・デ・ルシア

1947年、スペイン・アンダルシア州生まれのフラメンコ/ジャズ・ギタリスト。父や兄、父の友人のフラメンコ・ギタリスト、ニーニョ・リカルドらにギターを学ぶ。64年から長兄らとのデュオで活動後、67年に初のリーダー・アルバムを発表。日本でもその技巧が知られることとなる。その後、長きに渡りフラメンコの歌い手、カマロン・デ・ラ・イスラと共演し、フラメンコに大きな改革をもたらす。また、ジャズ/フュージョン界からも認知を得たり、ジョン・マクラフリン、ラリー・コリエル(その後アル・ディ・メオラ)と“スーパー・ギター・トリオ”と呼ばれるなど、幅広い分野で活躍。2014年2月25日、滞在先のメキシコで心臓発作により死去。66歳。

関連アーティスト