このブラウザはサポートされていません。

ルー・レヴィー

ルー・レヴィー

1928年シカゴに生まれた、ウエストコースト派のジャズ・ピアニストの第一人者。チャーリー・パーカーの演奏を聴いてジャズを志し、パーカーのアドバイスで1947年からバド・パウエルを研究したスタイルを確立した。1954年に3年間のブランクから復帰し、ペギー・リー、エラ・フィッツジェラルド、ナンシー・ウィルソン、リナ・ホーンら大歌手の伴奏をつとめる一方、自己のグループでも活躍し、趣味のよいユニークな演奏で評判をとった。2001年死去。

関連アーティスト