このブラウザはサポートされていません。

Dave Edmunds

Dave Edmunds

1968年、ラヴ・スカルプチャーでの「剣の舞」カヴァーが大ヒット、バンド解散後はソロ、そしてロックパイルを率いて、パブ・ロック/ニュー・ウェイヴ・シーンの顔役となる。50年代ロックンロールへの造詣も深く、ポール・マッカートニーやストレイ・キャッツとの共演やプロデュースも行っている。

関連アーティスト