このブラウザはサポートされていません。

鶴岡雅義と東京ロマンチカ

鶴岡雅義と東京ロマンチカ

「小樽のひとよ」「君は心の妻だから」などのヒットで昭和のムード歌謡全盛期を代表するグループ。レキント・ギターと作曲を担当するリーダーの鶴岡雅義とともにグループの顔となっていた故・三條正人氏に捧げる「愛の歌をありがとう」を2018年にリリースして新生ロマンチカが始動。メイン・ヴォーかル宮内ひろし、セカンド・ヴォーかル佐藤省吾、コーラスに貴倉竜也、南屋栄を加えた5人編成。2019年には宮内ひろしの故郷・愛媛県の松山市を舞台にした第二弾シングル「ネオン街(まち)慕情」をリリース。

関連アーティスト