このブラウザはサポートされていません。

日野美歌

日野美歌

1982年4月25日テイチクレコードより「私のあなた」でデビュー。同年12月リリース「氷雨」が大ヒット。
1983年大晦日「第34回NHK紅白歌合戦」初出場。
1986年デュエットソング「男と女のラブゲーム」(W/葵司郎)が大ヒット。
2003年春、ヒットメーカー馬飼康二氏の勧めにより「歌凛(かりん)」というペンネームで本格的作詩活動を始める。
2005年25年間在籍していた所属事務所から移籍、現在個人事務所(有)桜カフェとして自身でプロデュース活動を行う。
2009年6月17日自身のインディーズレーベル「Sakura Cafe Music」第一弾ミニアルバム「横浜フォール・イン・ラブ」リリース。
後にアルバムはミュージックマガジン2010年1月号でベストアルバム2009の歌謡曲/Jポップ部門で第5位に選出され話題となる。
2010年3月3日 Sakura Cafe Musicより3曲入りマキシシングル「花吹雪」「桜のワルツ」「涙ひとつぶ」をリリース。
2012年2月22日コロムビアレコードより、「桜空」リリース。ジャンルに囚われない人の心根に息づく普遍的な歌の世界を目指す。

関連アーティスト