このブラウザはサポートされていません。

ギャング・ギャング・ダンス

ギャング・ギャング・ダンス

米国ニューヨーク出身のインディ・ロック・バンド。2001年~02年頃、ブライアン・デグロウ、リジー・ボウガツォス、ジョッシュ・ダイアモンドらがライヴ・ハウスで他のミュージシャンたちとセッションをしていくなかで“ギャング・ギャング・ダンス”を名乗り出し、バンドとしての活動を開始。04年にアルバム『Revival of the Shittest』を発表。ポリリズミックでトライバルなダンス・ミュージックを聴かせ、注目を集めた。05年にはアルバム『God's Money』を発表。08年、『セイント・ディンフナ』をリリースした。

関連アーティスト