このブラウザはサポートされていません。

アルバム全品コインバックキャンペーン
栗コーダーカルテット&松本素生(GOING UNDER GROUND)

栗コーダーカルテット&松本素生(GOING UNDER GROUND)

栗コーダーカルテット:
リコーダー以外の楽器が専門の4人が、知久寿焼のライブのバッキングをきっかけに1994年の夏になんとなく結成。ライブハウスを中心に活動を続け、1997年に1stアルバム「蛙のガリアルド」を発表。以後、3枚のオリジナルアルバムとベスト盤をリリース。
NHK教育テレビ「Jam theHOUSNAIL」「ピタゴラスイッチ」、テレビ東京「キョロちゃん」、映画「クイール」他多数のサウンドトラック、CMを手がける。 メンバーは栗原正己(くりはらまさき・写真左上・リコーダー、メロフォン他)、川口義之(かわぐちよしゆき写真左下・リコーダー、パーカッション他)、近藤研二(こんどうけんじ・写真右下・リコーダー、ギター他)、関島岳郎(せきじまたけろう ・写真右上・リコーダー、テューバ他)
松本素生:
埼玉県桶川市出身の5人組GOING UNDER GROUNDのヴォーカル・ギターを担当。中学1年時にバンドを結成。1998年ライブハウスに出演後、着実にファンの支持を集め、2001年シングル「グラフティー」でメジャーデビュー。CMソングや他アーティストへの楽曲提供と活動の場を広げている。

関連アーティスト