このブラウザはサポートされていません。

ジョニー・ギター・ワトスン

ジョニー・ギター・ワトスン

1935年2月3日、米テキサス州ヒューストン生まれのブルース・ギタリスト/シンガー。11歳より祖父から贈られたギターで腕を磨き、15歳でロサンゼルスに移住。コンテストで優勝して頭角を現し、チャック・ヒギンズのバンドでレコーディングも経験。53年にソロとしてレコード・デビューを果たす。当初はヤング・ジョニー・ワトソンと名乗るも、翌年よりジョニー“ギター”ワトソン名義で活動。その後、数多くのレーベルを渡り歩き、独自のファンク・ブルースを作り上げるなど斬新なサウンド切り開いたことでも知られる。95年にはグラミーにもノミネートされるも、翌年5月の来日公演中にステージで倒れ、5月17日に横浜の病院で死去。61歳没。

関連アーティスト