このブラウザはサポートされていません。

堤 剛

堤 剛

1942年7月28日生まれ、東京都出身のチェリスト。幼少から父より手ほどきを受け、50年に8歳でリサイタルを開く。齋藤秀雄に師事し、57年に日本音楽コンクール第1位&特賞を受賞。60年にはN響の海外演奏旅行にソリストとして同行、欧米各地で絶賛される。61年に米・インディアナ大学に留学し、ヤーノシュ・シュタルケルに師事。ミュンヘン国際コンクール第2位、ブダペストのカザルス国際コンクール第1位入賞以降、世界各地でオーケストラと共演、リサイタルを開催。2001年に霧島国際音楽祭音楽監督、2007年にサントリーホール館長に就任。桐朋学園大学では学長も務める。名実ともに日本を代表するチェリストとして知られている。

関連アーティスト