このブラウザはサポートされていません。

柳ジョージ&レイニーウッド

柳ジョージ&レイニーウッド

柳ジョージを中心に、広島のバンド「メイフラワー」をバックにつけた形で1975年に結成。R&Bをベースにしたブルース・ロックバンドとして注目を浴び、類稀なヴォーカル・スタイルを持つ柳ジョージと、卓越したソングライティングで定評を持った上綱克彦と石井清登らにより一気に人気を獲得した。1978年に発表したセカンド・アルバム『WEEPING IN THE RAIN』に収録されていた同名曲を日本語歌詞に差し替え、萩原健一主演のテレビ・ドラマ「死人狩り」の主題歌に採用され大ヒット。一気にスターダムにのし上がった。その後、資生堂のTVCFになった「微笑みの法則‐SMILE ON ME‐」を収録した4thアルバム『RAINY WOOD AVENUE』で初のオリコン初登場No1を獲得した。人気絶頂期をキープしつつ、1981年年末の日本武道館公演を最後に惜しまれつつ解散。その後、2005年、2007年に限定的に再結成するも、2011年10月10日の柳ジョージの急逝により再結成の夢は絶たれた。

関連アーティスト