このブラウザはサポートされていません。

アルバム全品コインバック
リサ・ジェラルド

リサ・ジェラルド

ネオクラシカル・シンガーであり、レフトフィールドな歌姫として、
また映画音楽の巨匠として活躍するリサ・ジェラルド。
80年代には一世を風靡したロック・バンド、Dead Can Danceのヴォーカリストとして9枚のアルバムをリリース、その耽美で超俗的な世界観は多くのロック・ファンとともにクラブ・ミュージック・ファン、そしてクラシカルなファンをも取り込み、稀有な存在として4ADの看板アーティストとなる。99年にDead Can Danceを解散、ソロ・ワークスをリリースするとともに、「ALI」「Gladiator」「Heat」「Insider」などのハリウッド映画のサウンドトラックを手がけ、オスカー賞、グラミー賞、ゴールデン・グローブ賞ノミネートの常連となる。独特のサウンドスケープは<ドリーム・ポップ>、<ネオ・クラシカル><アンビエント・ポップ>などと表現され、ENIGMAやDeep Forestなどのファンと重なることが多い。

関連アーティスト