このブラウザはサポートされていません。

シルヴァー・コンヴェンション

シルヴァー・コンヴェンション

1974年、ミュンヘンで結成。プロデューサー/ミュージシャンのシルヴェスター・レヴェイとマイケル・クンツによるデュオ。"ミュンヘン・サウンド"の中核とされる。70年代当時、アメリカへ逆輸入されたヨーロッパ産ディスコ・ミュージックが人気を博し、その先陣を切ったのが彼ら。75年に『銀河の妖精』を発表し、「セイヴ・ミー」が全英でヒット、「フライ、ロビン、フライ」が全米で大ヒットを記録した。後のハウス/ユーロビートのルーツともいわれる。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト