このブラウザはサポートされていません。

DJ KAWASAKI

DJ KAWASAKI

2005年に、NYのDJ、Timmy Resisfordが当時デモ・ヴァージョンであった「BLAZIN’」を一晩に3回もかけた事から脚光を浴びる。同年、King Streetより12インチ・シングルで世界デビュー。国内ではKyoto Jazz Massiveの沖野修也プロデュースの元、コロムビアより2006年元旦メジャー・デビュー。

ブレイク直前のモデル藤井リナをカバー・アートに起用し(撮影は米原康正氏)、一躍、ジャパニーズ・ハウス・ムーブメントの立役者となる。

この4年間で、オリジナル、REMIX、コンピレーションへの楽曲ライセンスを含めると関連作品の総セールスは30万枚を越え、DAISHI DANCE、STUDIO APARTMENTと共に新世代ハウス・シーンを牽引する存在として知られるようになった。

最近では、DJ 3000、DJ GIGOLOといったテクノ/エレクトロ系のDJにもプレイされる等、カッティング・エッジな音楽シーンからも熱い注目を集めている。現在、JJazz.Net SUNTORY”WHISKY MODE”、渋谷FM”The Room Radio”にてナビゲーターも務めている。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト