このブラウザはサポートされていません。

宮内庁式部職楽部

宮内庁式部職楽部

名前の通り宮内庁の中にある部署の一で、宮中の行事などの「音楽」を主な仕事としています。雅楽を職業とする国家公務員で、主席楽師・楽長・楽長補・楽師の職名があります。「宮内庁式部職樂部」の雅楽は、宮中の儀式、饗宴、春・秋の園遊会などの行事の際に演奏されています。昭和30年、宮内庁楽部の楽師(がくし)が演奏する雅楽は、国の重要無形文化財に指定され、楽部楽師は重要無形文化財保持者に認定され、千数百年の伝統ある雅楽を正しい形で保存するよう日々研さんしています。また、これらの職員は洋楽も修得しており、皇室の行事の際には演奏を行っています。ちなみに、宮内庁の楽部は我が国の洋楽演奏団体のうちでも最も古い歴史を持つものの一つです。

  • 人気順
  • 新着順
  • 50音順

関連アーティスト