このブラウザはサポートされていません。

ロイド・バンクス

ロイド・バンクス

米国ニューヨークのクイーンズ出身、ジャマイカ系の血を引くラッパー。幼馴染みであるトニー・イエイヨーの紹介により、50セント率いるG-ユニットへ加入。50セントの作品やツアーへの参加を経て、2003年にG-ユニットの一員としてアルバム『ベッグ・フォー・マーシー』でデビューを飾る。04年には『ザ・ハンガー・フォー・モア』でソロ・デビュー。同作は全米チャートで初登場1位に輝き、人気ラッパーとしての地位を確実なものとした。

関連アーティスト