このブラウザはサポートされていません。

荒木一郎

荒木一郎

1963年、青山学院高等部卒業。文学座に在籍して俳優業を開始、『バス通り裏』でデビュー。一方で音楽の才能も注目され、東海ラジオの番組『星に唄おう』のDJを務め、そのテーマ曲『空に星があるように』で1966年に歌手デビュー。現在も他アーティストのプロデュースや映像作品の音楽制作なども含め、幅広い活動を行っている。

関連アーティスト