このブラウザはサポートされていません。

オオゼキタク

オオゼキタク

横浜出身のシンガー・ソングライター。25歳でシンガー・ソングライターに“転職”。地元でライヴ活動をしながら、天性のメロディメイカーとしての才能を発揮し、着実にファンの支持を集めていく。インディーズでのリリースを経て、2004年10月にシングル「群青グラフィティ」でメジャー・デビュー。ポール・マッカートニーやトッド・ラングレンをフェイヴァリットにあげる、切ないメロディと洋楽志向のサウンドが特徴。

関連アーティスト